大阪時代の患者様が整骨院に投球指導を受けに来られました

大阪時代の患者様が整骨院に投球指導を受けに来られました。

今回は、体重移動のやり方と力の伝え方について指導しました。

同じ140キロのスピードでも力の伝え方でボールの体感は、全く変わって来ます‼️
よく高校生が投げる150キロのスピードは、プロ野球選手からみると130キロくらいに感じると聞きますが、それは、力の伝え方が違うからです。

体の前でボールを離す事が大事です。

患者様は、ボールの質も良くなり、次の課題の練習メニューをお伝えしました。

質の良いボールで150キロ目指して下さい‼️

応援しています。

関連記事

  1. 千葉ロッテマリーンズの 自主トレ

  2. 極真空手の辻 健介さんと将口 恵美さんがご来院されました。

  3. セミナー開催決定!!

  4. 埼玉西武ライオンズで野手のバッティングや投手のフォームチェッ…

  5. 甲子園出場のタオルと甲子園の土を頂きました

  6. 大阪で働いてた時の患者様が青木整骨院に来られました