パーソナルトレーニング

・ストレッチ指導
・歩行指導
・走り方指導
・ランニング動作指導
・科学的なアプローチで動作指導
・トレーニング指導
・ジャンプ指導
・体幹トレーニング指導
・その競技で必要な筋力トレーニング

 

まずは、問診をしながら、【バランス・柔軟性・筋力】などを評価し、動作のチェックなどもします。
次にそのデータをもとに姿勢や基礎トレーニングから指導を行っております。

レベルが高くなるにつれて、基礎トレーニングがしっかりと出来ているか?出来ていないか?
によって結果は全く変わってきます。
例えば、いくら筋力があったとしても、姿勢が悪いと力の発揮ができません。
偏ったトレーニングではなく、バランスよく基礎トレーニングをする事が大切です。
私は今まで色んな競技のトップアスリートの指導にあたってきましたので、
その知識と経験を活かしてトレーニング指導をしております。

ブログ一覧←パーソナルトレーニングの様子みてみてください!

 

 

 

この時期じゃないと運動神経は発達しないと言われているからです。(運動動作が上手くならないからです)

子供が成長して行く過程で器官や機能は、個々別々に発達していきます。
その発達には、それぞれ吸収しやすい時期があります。伸びる時期にその課題を与えて行くのが、とても重要です。
例えば、神経系統は、生まれた直後から4~5歳ごろまでに約80%の成長し12歳の頃には、約100%近く成長します。(下図参照)
この時期は、神経系の発達がめざましく、さまざまな神経回路が形成されていく時期になります。

神経系は、一度出来上がればなかなか消えません。
一度、自転車に乗れるようになると何年も乗らなくてもいつでもスムーズに乗れることからも理解出来ます。
この時期に神経回路に刺激を与え、その回路を幾重にも張り巡らすためにも多種多様な動きを経験させることが大事です。