【院長プロフィール6】スポーツを楽しむ人を支えていきたい

のべ1万人くらいの患者様を診てきました

前職の整骨院では、1日のべ20人くらい、
在籍していた3年間では、これまでに、のべ1万人くらいの患者様を診てきました。

そのなかには
プロボクサー、プロ野球選手、ゴルファー、大相撲の力士、
ユースのサッカー選手、水泳の選手、部活動のテニスプレイヤー、プロのダンサーなど
スポーツ選手もたくさんいらっしゃいました。

みなさん、傷んでいる部位が違いましたが
動き方、筋肉、柔軟性などトータルで見て、
できるだけエビデンス、根拠となる情報をとってきて、正確に伝えるように心がけていました。

社会人野球選手の常連さんもいたので
競技に必要な動き、負担のかからない動きを教えたりもしていました。
今も大阪から何人も患者様が来てくださっています。
何度も全国優勝している名門リトルリーグの選手たちから、時には進学の相談を受けたりします。

正しい指導のものと怪我なくスポーツを楽しむ人を支えていきたい

僕は、スポーツ指導者って、非常に責任が重いと思っているんです。
なぜなら、間違った情報を伝えると、選手は潰れてしまうからです。
まずは指導者自身が身体について深く理解する必要があります。
指導者が無知だと、間違った情報を元に指導してしまい、子供の体を壊す可能性があります。
今後は指導法の普及活動もしていきたいと思っています。
そして徳島で、正しい指導のものと怪我なくスポーツを楽しむ人を支えていきたいと思っています。

関連記事

  1. 【院長プロフィール5】当時の自分にしてあげたい指導をする

  2. 【院長プロフィール1】小学3年から野球に夢中だった

  3. 【院長プロフィール4】絶対的な自信を持って患者さんに接したい…

  4. 徳島新聞に僕のスポーツトレーナー活動が掲載されました

  5. 【院長プロフィール2】ケガの治療、人生を変える出会い

  6. 【院長プロフィール3】プロへの挑戦、そして新しい道へ