【院長プロフィール1】小学3年から野球に夢中だった

こんにちは。
徳島県阿南市にある青木整骨院 院長の青木です。
このブログでは、6回に分けて
僕の自己紹介をさせていただきます。
僕は中学時代から肩の不調に悩まされてきましたが、
整骨院の先生との出会いで劇的に快復しました。
そんな僕の体験がどなたかのお役にたてたらいいなと思います。

野球との出会いは小学校3年生の時

僕は徳島県那賀郡鷲敷町で生まれ育ちました。
兄弟は3人。双子の弟、5歳下の妹、両親、祖母の6人家族で育ちました。

野球との出会いは小学校3年生の時です。
キャプテン翼に憧れていたので、最初は「小学校にサッカークラブを創設したい!」と思っていました。
でもこれは実現できなかったので、
仕方なく双子の弟が先に入部していた野球部に入りました。

忘れられない体験

でもここで、僕は忘れられない体験をしてしまいます。

すでに同じ学年の子が10人くらい入部していたなか、
あとから入った3年生の僕が、
5年生に混じって最初に試合に出させてもらったのです。
守備はレフト。
ものすごく嬉しくて、その日からますます野球に夢中になる毎日が始まりました。

野球漬けの日々・・・そして肩の故障

月曜火曜以外はすべて練習。
中学も当然野球部へ。ボジションはピッチャー。
ただ、中学3年生に進学する少し前に肩を痛めてしまい、
ピッチャーができなくなってしまいました。それでポジションはセンターになりました。

当時の肩の痛みは、重だるい感覚。
肩がずっと重くてだるく、力が入らないような、そんな状態が続いていました。

それでも、プロ野球選手になる夢があり、高校入る前には、弟とキャッチボールして硬式のボールに慣れようとしていました。
中学まで使っていた軟式のボールは軽いので、肩を慣らすために硬式のボールを使ってみたのです。

腕と、肩が、バラバラに離れてしまった感覚に

あるとき、1球思いっきり投げてみたら、なんだか肩が飛んで行った感じがしました。
肩が抜けた感じ。腕と、肩が、バラバラに離れてしまった感覚です。

そこからまったく投げられなくなりました。
有名な整骨院をはじめ病院もいろいろ行ったけれど

「肩がずれている」「筋がずれている」「投げ方が悪い」「筋肉が張っている」「関節がずれている」・・・
そう言われるだけで、きっちり治ることはありませんでした。

病院から泣きながら帰った

大学病院で診てもらい
関節唇損傷(脱臼のようなもの)という診断を受けました。
そして、「野球は諦めなさい」と言われ、僕はその大学病院から泣きながら帰りました。
その日のことは、今でも覚えています。

手術は成功したのに、痛みが残った

大学病院の先生から、ある病院を紹介してもらい、「手術をしなさい」と言われました。
ただ、手術は成功したにもかかわらず、
肩は相変わらずすごく痛かった。そしてそれは、ずっと治りませんでした。

 

関連記事

  1. 【院長プロフィール6】スポーツを楽しむ人を支えていきたい

  2. 【院長プロフィール3】プロへの挑戦、そして新しい道へ

  3. 【院長プロフィール5】当時の自分にしてあげたい指導をする

  4. 徳島新聞に僕のスポーツトレーナー活動が掲載されました

  5. 【院長プロフィール2】ケガの治療、人生を変える出会い

  6. 【院長プロフィール4】絶対的な自信を持って患者さんに接したい…